耐震と断震、徹底比較

AIR断震システムの家と耐震・免震住宅は何が違う?

“空気で建物を浮かせて地震の揺れを断つ”エアー断震システムは、耐震や免震、制震を超えた画期的な住まいの地震対策として各界から注目されています。

耐震や免震との一番の違いは、地面から建物を離すというしくみ。地面と接していないので、建物が揺れできしんだり、ガラスが割れたりするリスクや、家具が倒れて怪我をするリスクを最小限に抑えることができるのです。

耐震・免震・制震・断震の違い

進化 図解 しくみ 被害の度合い
耐震  揺れに耐える構造
耐震基準では「震度6程度の地震1回では倒壊しないこと」と規定
  • 建物の揺れは非常に大きい
  • 家具が転倒する
  • 建物が損傷する可能性が高い
  • 余震に弱い
  • コストは安い
制震  揺れを吸収する構造
制震装置を1階に入れて2階床部分の揺れを低減
  • 建物の揺れは大きい
  • 家具が転倒しやすい
  • 建物が損傷する可能性がある
  • 余震に耐えられる
  • コストは比較的安い
免震  揺れを逃がす構造
転がりやすべり免震で揺れを逃がす
  • 建物の揺れはほとんどない
  • 家具は転倒しない
  • 建物が損傷する可能性は低い
  • 余震に強い
  • コストは高い
エアー断震  揺れから離す構造
建物を宙に浮かせて揺れを伝えない
  • 建物は揺れない
  • 家具は転倒しない
  • 建物が損傷する可能性は極めて低い
  • 余震に強い
  • コストは免震の約3分の1

エアー断震システムなら、揺れを感じるのは最初の約0.5~1秒のみ。揺れは従来の20分の1!従来の装置よりも確実性の高い地震対策です!

エアー断震システムをおすすめする5つの理由

地震から家を守る「エアー断震」
エアー断震体験お申込み
エアー断震について
AIR断震システムの仕組み
AIR断震システムの構成図
耐震と断震、徹底比較
AIR断震工法のここがスゴイ!5つのメリット
必見!!映像で見る断震効果!
安全を守るということ
地震の被害は実は家の中が多い!?
地震に負けない安心・安全な家づくり
エアー断震導入実績
導入コスト 例
AIR耐震システム住宅
導入詳細レポート
外舘工務店について
外舘工務店だからできる家づくり
一戸建て施工事例集
デザインと住みやすさの融合した家
キャンペーン
有限会社外舘工務店
TEL:042-550-5385 FAX:042-550-5439
  • 一級建築士事務所
    東京都知事登録番号 第56171号
  • 建築工事業
    東京都知事 許可(般20)第131236号
  • 大工工事業
    東京都知事 許可(般20)第131236号
  • 内装仕上工事業
    東京都知事 許可(般20)第131236号
  • 宅地建物取引事業
    東京都知事 許可 (01)第096600号

このページの上まで戻る